2010年1月27日水曜日

マイケル・ジャクソン「This Is It」

アタシ、旅行は個人旅行が好きで、ツアーでは行かない派なのよね。と言うのも指図されるのが嫌いだから。んで、話変わって。マイケル・ジャクソンの「This Is It」のDVD並びにブルーレイが出たわね。映画館の時間合わせて観に行くのも嫌いなアタシは今回初めて観ることになりました。
しかもこの映画(?)の為にブルーレイの本体を買ったわよ。プレーステーション3も持ってないし・・・今更ながらWiiなんて買わなけりゃよかった・・・今、Wiiは部屋の隅でホコリまみれよ。
ちなみに今回購入したブルーレイレコーダーは、忘れた頃来るエコポイントで買ったのよ♪
アタシの場合エコポイントの引き替えに3ヶ月強掛かったわ。

例のごとくメディア関係を尼さんで買ったんだけど、到着当日の佐川がいつもの冴えないおっさんではなく、ガッチリ系のお兄さんに変わってたわ。どのみちアタシははち切れんばかりのオージーバムで出て行くわけだから、つぶさにお兄さんの目線を観察してたんだけど、アタシの末端肥大症バリのマリモッコリには目もくれず逃げるように帰っていったわね。・・・脈無し!!
きっと営業所で噂になってるわね。いつでも受け入れ体制バッチリよ!! 誰でもいいからアタシを止めてッ!!!!

んで、「This Is It」なんだけど。
良かったです。泣いたわ。
アタシ、マイケルはデンジャラス辺りからほとんど口パクでショーの人だと勝手に思ってたんだけど、見た感じでは生歌だったわ。口パクっぽいのもあったけど基本肉声で完全に生肉だった。
さすがにダンスは50歳とあってか全盛期の力強さやメリハリは無いように見えたけど「マイケル」っていうだけでアタシはOK!!
それを無しにしてもブランクを感じさせない存在感でした。

リハーサル映像とあって、本人も徐々に本調子へ持って行ってる段階と言ってるだけに、少し力の抜けたような雰囲気ではあるけど。それでも見応え十分な作品に仕上がってました。
もし本番を迎えることが出来たら・・・と思うと悔しい限りだけど、オーディションを合格しマイケルと共に夢の舞台へ上がる筈だったダンサーやミュージシャンたちは、それ以上にやるせない思いのことでしょう・・・
まるでAQUA5のコンサートに出れなかった凰稀かなめさんとかぶる感じだけど、多分それ以上よね!! きっとッ!!

 再び話変わって。ブルーレイが今後どれだけ生きるかは賛否両論みたいだけど、もうDVDの映像なんてヘドロが出るくらい汚くて見れない身体になってしまったわ・・・人間って罪なほど贅沢な作りよね。
地デジに慣れてしまった今、たまにアナログ放送を見ると「こんなに汚かったっけ? 汚すぎて何が映ってるのか分からないわ・・・」ってなるし。

2010年1月13日水曜日

AQUA5のコンサートDVDを今更ながら・・・

今、宝塚は100周年へ向けて鬼畜とも思える人事移動真っ盛り!! そんな逆風にひたすら耐え(一部耐えきれず退団)四苦八苦してるタカラジェンヌたちを、アタシは見守ることしか出来ないのね!! と思い焦がれるゆめみしです。

アタシ、AQUA5はあんまし眼中になかったんだけど、友達のサタニストがあんまり進めるもんだからコンサートのDVDを借りて観ました。まぁ観るの遅すぎかもだけど・・・
元々タカラジェンヌが集まってユニット!? 的な意外性はあったんだけど、男役ばっかり集まってPOPソングを歌うなんてタカラジェンヌ的にイモく仕上がってると思ってたのもつかの間。意外にイケたわ。曲もすごく良かったし。
それよりなによりMCが最高なのよ。水夏希さんの人柄が出てて、DVDの内容も曲よりMCの方が長いんじゃないか?って思うほど会話が多かったわ。
水さんを通して雪組の良い雰囲気が出てたわね。個人の実力も大切かもだけど、アタシは組の雰囲気が重要なのよ。トップだか組長だかが変な意味で厳しくて下の子の本来の実力が出せずにパッツンパッツンになってる組より、リラックスしたムードでそれぞれがのびのびやってる方が好きだわ・・・まぁ内部事情は知るはずも無いんで見た目と実際は違うのかもだけど・・・

コンサートもラストの曲を迎え、アンコールタイムなんだけど、個人的に客が実際「アンコール!!アンコール!!」って一斉に叫んでるシーンを初めて見ました。
コンサートは良く行くんだけど、手拍子揃えて出てくるの待つのが今の常識だと思ってたのが、「アンコール!!」のかけ声で一見ジャニーズファン風味な宝塚の客に驚いたわ。
なんだかなつい!!

その後もメンバーは何度も舞台に登場して、しまいには泣き出してたんだけど。その場に怪我で出れなかった凰稀かなめさんは、きっと悔しい思いをしたと思います。

「次のコンサートにはちゃんと5人揃って!!」

なんて思ってたんだけど、どうも水夏希さんが次の次の宝塚公演で引退とかなんとか?
しかも彩吹真央さんは次で引退? 凰稀かなめさんは既に組替えで星に行ってるし・・・事実上自然消滅じゃね?
ちょっと!! あの涙を返して!!

アタシの希望としては引退後も「AQUA5」として活動を続けて欲しい気もするわ。
飛ぶ鳥も落とす!! ノーランズも負けを認める!! ・・・そんなミュージさんとしての道も良いんじゃないかと・・・

2010年1月9日土曜日

カレがタイへ帰った。

 サルファーレゾルシン処方!! ゆめみしでございます。
タイ人のカレがビザの関係で故郷のタイへ帰っちゃいました。ですので今はアタシ一人なのよ。
ちょっと!!聞いた!! アタシ今フリーよ〜〜♪

元々、旅行ビザの3ヶ月を延長して、計6ヶ月滞在してたのよ。アタシ知らなかったんだけど、ビザが切れる前に自国へ帰るとすぐさま3ヶ月延長された状態で来日出来るものと思ってたんだけど、そうは問屋は下ろさないようで、故郷で3ヶ月ないし半年は滞在しないと再び来日出来ないそうな・・・マジか?

「サヨウナラ、ユメコ
 シアワセデシタ。アリガトウ・・・」

などと、辛い別れを空港で済ませ・・・アタシの性格上、このようなイベント事でも玄関で見送る位しかしない超出不精なんだけど、タイ人の一途な恋愛感情を考えると空港まで行くことにしたのよ。
3ヶ月ほどの別れとはいえ、ビザの問題で散々苦労したカレは再び来日出来るのか不安なようで死ぬほど悩んでたわね。

アタシなりに、その後も学校やタイの領事館やの連絡に追われ確実なビザを手に入れるべくホモのコネまで使う有様なんだけど、これと言って進展が無いわね。まぁ入国禁止なんて多分あり得ないと思うんだけど・・・カレ、別に不法滞在でもないし運び屋でもないし・・・
普段から仕事とWorld of Warcraftに追われてるアタシは3ヶ月なんてあっという間よね。
・・・と思いつつ、今日も暗い部屋へ帰っては壁に向かって体育座りで世間の世直しにブツブツ言ってる毎日なんだけど、それがなにか!?

アタシがタイへ行くって手もあるんだけど、タイって行ったこと無いのよね。ゴーゴーボーイ・・・ゲイのタイマッサージ・・・そして売り専・・・行きたい!!
すぐさま行きたい!! も、もちろんカレに逢いに!!
でも今じゃウェブカム使ったビデオチャットや究極にはセカンドライフでエッチするって夢のような世の中なんで、なんとでもなるわね。きっと。
とりあえずアタシ待ってるわ!!・・・WoWでもしながら。


それはそうと、出不精ってアタシずっとデブ症だと思ってて、意味は「太っていて動きたくない様」もしくは「動きたくないので引きこもってるうちに太った様」まぁ意味は間違えてなかったから結果OKよね。アタシ間違ってなかった!!。

2010年1月3日日曜日

宝塚星組公演「ハプスブルクの宝剣」「BOLERO」

なによっ!! そしてなにさッ!! ゆめみしでございます。

アタシ、星組には縁が無くって、あんまし観に行ったことが無いんだけど、せっかく正月なんで、星組の「ハプスブルクの宝剣」「BOLERO」を観に行ってきたわ。
もちろん柚希礼音さんトップの舞台を観るのも初めて。
今回の作品の主題歌が「エリザベート」の曲を作ったシルヴェスター・リーヴァイ氏が書き下ろしたそうで、耳に残る良い曲だったわ。
柚希礼音さんは歌が抜群に上手く迫力満点。てか初めから最後までずっと一人で歌いっぱなしな印象が残ったわ。
アタシが気になってたのは凰稀かなめさん。まず見た目がどう見ても涼風真世さんそっくり。しかも名前が「かなめ」なんて明らかにあれよね。しかも声までそっくりなんだけど、似てないのは歌くらいかしら。涼風真世さんは好きなジェンヌの一人でもあるんで、凰稀かなめさんの将来も楽しみだわ。
ショーの「BOLERO」も正月公演らしくすごい派手。かなり金掛かってそうだったわ。

そんなこんなで大劇場の喫煙コーナーへ向かったアタシなんだけど、そこでバッタリ大昔ゲイバーで何度か会ったことがある人と会っちゃって、その変貌振りにびっくり。すごい太ってたわ。40キロほど増えたらしいんだけど、もともとぽっちゃり体型だったもんだから、それから更に増えたってこと?・・・てか今何キロよ!!
完全にそっち方面の方々にもてそうな風貌に檄変してたわ・・・ま、どうでも良いんだけど。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...