2010年4月29日木曜日

宙組「激情」今更ながらだけど。


あたいはカルメン。空気のように自由でいたかったんだ・・・そしてこんばんは。

ソルフェリーノの夜明けのDVDも発売となり、キャトルへ買いに行ったんだけど、そのときついでに目に付いた宙組の「激情」
生では見てないんだけど、以前テレビでやってたのを見て、エラク感動したんで、思わずそれも買っちゃいました。
最近、星組が再演してたみたいなんだけど、全国ツアーで、予定が合わず行けなかったわ。
星の激情の舞台セットが気になるとこだわ。
というのも、この作品の舞台美術は全日比野克彦というモダンアートの方がデザインしてるそうで、殺風景ながらにゴージャス、ライティングで様々に表情を変えるすばらしい一物だったわ。
舞台はスペインとあってか、少しピカソ的な感じもしたわ。
宙のときのセットはもう壊したのかしら・・・それとも花ちゃんが買い取り!? 十分にあり得るわ。


宙組・・・てか花總組。
花ちゃんってアバズレ役も出来るんだぁ〜・・・と、当時は思われたことでしょう。
てか相変わらずのオーラで、新人公演の花ちゃんの役をした南城ひかりさんは、たぶん選ばれたとき嫌だったんじゃないかしら・・・と思うほどの最強ぶり。まぁいつものことではあるけど。
姿月あさとさんも、アタシ、エリザベートで見たくらいで、あまり知らなかったんだけど。この作品で、イモ青年が危険な恋に落ち行く様を見事に演じてるんで、なかなかだったわ。
そんで出た!! 和央ようかさん。
小説家、そして物語のナレーション的な役と、トップ二人が感情を溢れ出す煮汁となってる中、淡々と演技をし、異質な存在として出てるんだけど。
何故か、ジプシーのボス役と二役やってるのよね。しかも結構早着替え的な場面もあるんだけど、これって必要なのかしら?
とあるサタニストが言うには「2番手にしては出番が少ないし地味なので二役にしたらしい」
とのこと。まぁ二役といっても、どうせすぐ死ぬんだけど。

とまあ、とにかくすごい作品だったわ。星組が死ぬほど観たい感じではあるわね。DVDは多分買わないけど。


2010年4月24日土曜日

最後の晩餐をする独身男

ケツデカ超人!! サワディカップ!! ゆめみしでございます。

今年はタイへ旅行したいんだけど、首都バンコクでは色々と大変みたいで死人まで出てるわよね。それでちょっと迷ってるわけなんだけど。アタシは死ぬまでに必ず実行したいことがあって、その一つが象に乗りたいってことなのよ。まぁタイへ行くのがそれが全てではないんだけど・・・えと・・・売り専大人買い? ぎゃ!! 美川ッ!!
ま、人それぞれやりたいことって色々あるんだと思うんだけど。

つい先日、とある食べ物やさんで食事してると、すぐ隣にどこの馬の骨とも知れない家族が食事してました。
どうも息子さんが明日結婚式のようで、独身として家族で食べる最後の食事だそうな。
すると、ふと父親だかおじさんだかが・・・


「独身最後の食事だな。 最後の晩餐というわけだ。
 がっはっは!!」

意味分かって言ってるのか知らないけど、アタシは上手い表現だと思ったわ。



「上手いわね!!
 つまり、今日が最後の晩餐で、
 明日ゴルゴダの丘に十字架を背負って行くわけね!!
 そんで家庭という名の十字架に張り付けになるわけだ!!
 ほほほ〜ん!!
 ・・・・・・おめでとうございます。」


「ちょっと!! あんた誰よッ!!
 急に出てきてヌケヌケシャーシャーと
 好きな事言っちゃってさッ!!
 なによっ!! そしてなにさッ!!
 ・・・・・・ありがとうございます。」

もちろんアタシは結婚なんて興味ないし、日本人の人口8000万人計画実行中なわけだから、子供にも興味が無い。てか嫌い。
それにしても、明日結婚式だからって、ご家族に食事を招待する息子なんて、今時珍しく好青年よね。イケルわよ。フフフ・・・・いただきマンモス。




2010年4月7日水曜日

タイのカレが帰ってきました。

こんばんは〜北京の民よッ!! ゆめみしです。

タイのカレが帰ってきました。一瞬、入国審査で止められるんじゃないかと思ったりしちゃったんだけど、別に悪いことしてるわけじゃないんで大丈夫だったわ。
しかし帰ってくる当日、アタシはミュージカル・ディートリッヒの予定が・・・
タイの人は仕事より趣味より愛を優先する民族なので、決してディートリッヒのことを知られるわけにはいかないのよ。だって引退後初舞台となるはなちゃんが出演してるのよッ!!
もしバレたらムエタイでフルボッコ確定だわね・・・
そしてミュージカルも見終わり、放心状態のままアタシは家路へ・・・

「タダイマ〜 マサル〜〜〜!!
 ドコイッタカ〜?」

そんなこんなで3ヶ月ぶりの再会をしたのでした。てか名前違うし!!
それにしてもお土産がすごいわ。200バーツ(日本円にして600円位)のジーパンとかちょっと履きそうにないんだけど・・・
ひとしきり再会の儀を済ませたアタシはWoWをやりたくてうずいてたんだけど、テレビゲームで1度険悪になったこともあったんで、その日は我慢したわ。もし土産話も聞かずにゲームに一目さんだったら、タイ古式マッサージでフルボッコ確定だわね。

その晩、アタシは夢を見ました。
なぜか別にタイプじゃないガクトが出てきて、カレのブルガリとカルティエのコラボ腕時計を無断で借り、そして壊してしまうのよね。あせったアタシはガクトの枕の下に何故か時計を隠すんだけど、そのままガクトとエッチ・・・カレ、パイパンだったわ・・・
あまりにも夢がリアルだったんで、ビックリして飛び起きたわけなんだけど、横にはタイのカレがぐっすり・・・そういや、帰ってたのよね。
ふと枕の下が気になったんだけど、もしやブルガリとカルティエのコラボ時計が!?
な〜んて思いながら枕を取ると、なななんと!!コックリングがッ!!!!
きっとこれよ!! 夢の原因は!!

ま、別にどうでも良いんだけどね!!

2010年4月4日日曜日

ミュージカル「ディートリッヒ」

「自分が自分でいられる場所・・・それはセカンドライフ!!」
こんにちは、かわいそうな民よ!! ゆめみしでございます。

本日はミュージカル「ディートリッヒ」を観てきました。
宝塚退団後の和央ようかさんは、アタシはこの作品で初めて観ることになります。
退団してからのWAO人気はなぜか衰えることなく、今回もプラチナムチケットになったんだけど、どうにか手に入れたアタシの本来の目的は、退団後この作品で初ミュージカル仕事となる、アタシにとって最大のライバルであり尊敬する、花総まりさんなのよッ!!

退団後も和央さんの脇役に完全に徹していたまりちゃんなんだけど、ここえらで表舞台へ・・・
これを機にミュージカル界の女王として、そして二代目一路真輝として、君臨して欲しいもんだけど・・・たとえば東宝エリザベートとか。

今回久し振りに梅田芸術座に行ったわけなんだけど。普段、宝塚大劇場の設備に慣れてたアタシとしては、なんだかしょぼく感じたわ。
まず間口が狭い。これじゃ卒業生全員のロケットダンスは無理ね!!
そしてなによりも音が悪い。せっかくの生演奏が四季みたくカラオケに聞こえたわ。出演者の歌も声が出てる感じは伝わらなくって、口先で歌ってるように感じました。
全曲本気歌いだとメリハリが無くなって、しんどいモノがあるんだけど、見せ場になるとこは心が震えるほどの歌が聴きたかった気がするわ。たとえば愛の賛歌の最後の部分だけとか。一路さんはその辺がカオスよね。

しかしそれにしても和央ようかさんのスター性はさすがのオーラ。そんでなによりも花総まりさんの演技は強烈。
エディット・ピアフ役のまりちゃんなんだけど、恋人が事故で死んだときの取り乱し方と言ったら壮絶なものがあったわ。そしてそれをなだめようとする和央さんなんだけど、なんでかそのときだけ和央さんは大根なんだけど、なんでかしら?
久々の鬼まりちゃんの演技に引いたのか? それとも演技をする上で、取り乱したピアフにどう接して良いのか分からずうろたえたのか謎だけど、あのシーンを観た人はみんな思ったはず。

そんなこんなで、なかなか良い作品だったわ。
時代がそうだったようにマレーネ・ディートリッヒの人生が特殊だったことを初めて知りました。でも話し聞いてるとエディット・ピアフの方が壮絶な感じがするんだけど、今回はマレーネにスポットライトをあてたって感じでひとつ。

2010年4月3日土曜日

SL ZYNGO攻略じゃないけど・・・

「こ・・・この、糞ジャンゴ!!(ZYNGOのこと正確にはジンゴ)アタシの貴重なリンデンを骨の髄までしゃぶるおつもりなのねッ!!」
だからギャンブルはやめなさいって!!

自己責任で!!

ってことで今回SLで人気のギャンブル『ZYNGO』のアタシなりの長年の経験のまとめよ。
SL内ではギャンブルを禁止てるにも係わらず、このジャンゴはなぜかスルー。
1ゲーム5000リンデンもするような高額なマシーンまであるのに、放置状態。下手すりゃ、リアルマネーを湯水のごとくジャンゴなんぞにつぎ込んで、SL破産なんてのもありえそうなんだけど、とにかく放置なのよ。
たしかに面白い。リンデンドルとは言え、リアルマネーでもあるわけだから緊張感が違うわ。
ジャンゴのルールを知らない人は別ンとこでググって下さい。

ジャンゴの勝利への道は、設定の良い店を選ぶこと(良い店は客が多い、まれにサクラもいるが)
そして「×2」を出来るだけ早く出すこと(まぁ運だけど)
最終ラウンドまでなるべくラインを揃えないこと。最終的に、ほとんどのパネルをめくるか、全めくりしないとノルマに達しないことが多いので、ラインをあせって揃える必要は無いと思うわ。前半に得点をゲットしまくると、後々、糞デビルの被害が大きいので、デビル対策にもなるし。
あと、これ気付いたのアタシだけだと思うんだけど、69は出やすいような気がするわ。
まぁ数字がアレだから、個人的に記憶に残ってるだけかもしれないけど・・・って悲しくない? アタシ・・・
んなもんだから、ジョーカー出ても69は避けてめくってるのよね。後でちゃんと出るから。

このやり方で順調に破産したアタシなんだけど、きっとギャンブルに熱くなるのが敗因なのよね。
今スカスカピンパーネルなんで、またチャットキャンプしなきゃだわ。
あと、音切ってる台、むかつく。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...