2010年10月30日土曜日

オナキン1週間


こんばんは、アリダバリです。
アタクシ、オナキン1週間目でございます。普段1日に1回、ないし2日に3回ペースのアタシにとって、かなりの記録でございます。
テーブルに置いてある陰干し中のテンガ(繰り返し使えるタイプ)は、まるで、遙か遠い昔の若気の至りのように、既に過去の産物と化しております。

なぜ、ここまでしてヲナ禁をしてるのかと言いますと、別に理由は無いんです。
最近、忙しかったってのと、お疲れ気味ってので、たまたまやってなかっただけなのよ。
しかし、こうして実際1週間が過ぎてみると。軽〜く悟りがパックリ縦割れに開いたのと同時に・・・

「この溜めに溜めまくったモノを、どうやって活用してやろうか!!」

・・・と、考えるようになったわけなのよね。・・・ん? 悟りなんて全然開いてなかったわね。ほほほ〜ん!!

一。普通に出すのももったいないんで。最近お気に入りの某タイマッサージの店で、例のごとくオイルコースを頼む。
まるで古い家屋の解体作業現場から偶然掘り出された、昔の不発弾みたいな敏感なアタシのイッチョメは、タイボーイのわずかな指の誤作動で爆破!!

二。以前、少しハマってた、ゲイマッサージ。そこで得たジレンマ。
「マッサージ師はイケルけど、ヌキのサービスが無い」
「ヌキのサービスは有るが、マッサージ師がイケテない」
つまり前者の「イケメン、ヌキ無し」の店で爆破!!

三。この際、本気で悟るまで、やらない。

四。普通にヌク。

三と四はこの際無しにして、やっぱり一か二になるわけなんだけど。誰がどう考えても当然の選択よね。
しかし、次の休みって、アタシ宝塚歌劇へ行く日だったんだわ!! そんなとこで爆破しちゃったら、ホタルにつまみ出され、ロビーでオネーギン轟にボコボコにされるのがオチ!!
ってことで、一のタイマッサージは夜中でもやってるんで、それが有力だわね。ちょっと親しくなってきてるのに、爆破と同時に出入り禁止になったら、ちょっと悲しいわ。
更に1週間伸ばすって手もあるんだけど、誠に残念ながら、その次の週も宝塚。さすがに3週間なんて、悟りどころか、多分妖精さんになっちゃうと思うんで、物理的に無理。

・・・・・・とまぁ、最近、悩み多きアタシでございます。

2010年10月19日火曜日

WoW 行ってはならない場所へ行ってみた。

コカインでも降りかかってるのかしら?
と、思わんばかりに中毒症状を起こすハッピーターンなんだけど。袋の中にたまに味の濃いのがあるわよね。それに当たったときの幸せがずっと続く、「ハッピーパウダー250%増量バージョン」が売ってます。食べてみたけど、ぶっちゃけ、差が分からないわ。それより健ちゃんパウダー250%増量だと、鬱になるので。そっちのが良いかも。

そんなことよりWoWの話し。最近はプリーストにハマっております。
そんなPriにある魔法の一つに「Levitate」という、身体が1メーターほど浮くヤツがあるんだけど。今ひとつ使い道が分からなくて、ほぼ放置してたんだけど。最近、何気に使って壁に向かって走ると、普通ではあり得ない高い位置まで上がれるときがあって。バカと煙はなんとやらで、SWの町の、どこか高い屋根に上がって、町中のたむろしてるプレーヤーに

「す、すげーーー!! アイツどこから上がったんだぁーーー!!」


と、言わせたいが為にがんばっておりました。
しかしブリスタッフも用意周到で、なかなか上がれませんでした。諦めずに色んなとこをチャレンジしてるうちに、SWの港の南側の塔当たりで、軽く高い位置へ・・・
そのまま岩伝いにどんどん南へ・・・
いつしかゾーンも「Elwynn Forest」へ。そして「Westfall」その辺で崖がほんの少し緩やかな場所が。そこを利用して更に上へ上へ・・・

そしてアタシはとうとう、まったく見覚えのない山のてっぺんへ!!


そのままてっぺん伝いに、再びSW方面へと戻って行ったんだけど、そこで目にした光景が・・・


「うお!! SWの裏側!! 完全に禁断の地!!!!」
てか、この状況、誰かにPetiされたり、通りがかりのGMに見つけられたら、即、町に戻されこっぴどく(英語で)怒られそうよね!! 上等よ!!ほほほ〜ん!!

しかし、今、好奇心に駆られたアタシを止めることは、GMすら出来ぬ!!

と、赤BAN覚悟で色々探検。


これがSWの下側。地面の裏にはテクスチャーが貼ってないので、透けて見えます。もちろん通常、町をうろついてるプレーヤーは宙に浮いた感じで歩いてました・・・・アタシが地下で見てることも知らずに。
ちなみに1枚目の写真の地面に空が見えてるんだけど、そこに落ちるとメイジタワー内部にワープしました。謎。


みなさん、この場所をご存じかしら? IronforgeからMenethil Harborへグリフォンで向かう途中、絶対行けない山の頂上です。演出としてNPCがうろついてるんだけど、ガードはいたけどベンダーはいませんでした。それより飾り用の熊を殺して、死体にしてやったわ!! ほほほ〜ん!!
知らない外人がグリの上から熊の死体見つけて、何故、熊が死んだのか疑問に思うがイイ!!


Menethil Harborをあり得ない位置から見下ろしたところ。
ちなみにこの港からひたすら南沿いに泳いでいくとSWの港へ着くんだけど(相当時間がかかります)
その途中にゴブリンの家があります。まったく無意味。それはブリが作った隠し観光地みたい。


逆にMenethil HarborからIronforgeにグリで向かう途中に、チラっと見える山の上の牧場。もちろんここもプレーヤーは絶対来れない場所よ♡
牛も皆殺しにしようかと思ったけど、かわいそうなので止めたわ。そんなアタシって優しくない?


牧場の近くにあったトンネル。いったいどこへ繋がってるのかしら・・・ゴク!
アタシ、乳首がちぎれそうなくらい胸が高鳴ったわよッ!!
行った先にGMが待ち構えてたりしたらどうしよう・・・

「あああ!! 貴様!! 何故ここにッ!! お前なんかBANだッ!! BANッ!!!!」

とならないことを願って、中へ・・・


先は、なんだか異次元へと繋がってるってか、そこまで別に作る必要無いっていうか。



思い切って飛び降りることに・・・
SWで飛び降りてメイジタワーに不時着したときのような、不思議体験を・・・それよりブリのサプライズで、死ぬほどステキで、それが原因でゲームバランス崩れまくる(たとえば全てのステータス+20000%的な)アイテムゲットとかが良いんだけど。


そのままLeviでフワフワと落ちてゆくアタシ。
ま、予想はしてたんだけど、アウトランドで落ちた時みたいに死にました。
「ああ・・・こりゃ死体回収祭りは無理だわ・・・」
なんて思いながら復活した場所が。


ここ。
しっかり死体もあります。ちなみにここ、Ironforgeの入り口付近です。てか、ここ墓場だったのね!!

今回、写真が死ぬほど多くなっちゃったんだけど、こんな感じで、相当、無駄な時間を使ったわ。何も得る物はなかったんだけど。人として、この好奇心、押さえるの不可能だったわ。
今夜もアタシのアナルはうずくのよ。

2010年10月15日金曜日

中島みゆき「真夜中の動物園」


元祖・今晩屋!! 「なまもの」です。

中島みゆきさんの最新アルバムが尼さんより届きました。ついでに「本家・今晩屋」も一緒に。相変わらず尼さんの梱包は、必要以上にデカイ箱に入れられており。反エコなとこがステキだわ。箱を開けると申し訳ない程度にCDとブルーレイが入っていたわ。
一昔前は。アタシのアナル同様、ちょっぴりキツキツの箱に梱包されてた時は(なにさッ!!)クッション制がまったく無く、たまに中身が壊れて届いたことがあったので。尼さんなりの努力の末なんでしょう。

ジャケットを見る感じ、心なしかちょっと下半身が太ったような気が・・・
でも、そこを隠す気配すらない、ピチピチズボンで無邪気に走って来てる様が良い感じだわ。

「常に進化し続ける」みゆきさんなんだけど。もちろん今回も新しくもあり懐かしくもあり、ロックでプログレッシブな作品に仕上がっていました。ファンは毎回、驚かされているわけなんだけど。例のごとく、一部、古いフォーク時代からのファンは戸惑ってることでしょう。

最近のみゆきさんの歌詞は昔と違って、かなり抽象的な歌詞が多くって、自分なりに理解するのに、少し考えてしまうようなのが多かったんだけど。今回のアルバムは、アタシ的にスムーズに入ってきた感じがしたわ。

60手前の歌声とは思えない力強い歌に感動したアタシなんだけど。ちょっと思ったのが「夢だもの」ってタイトルの曲がどこかで聴いたことがあるような「ありがち」なメロディー・・・

「わおッ!! なんかヤバイ!!
 でもギリギリなんか違う!! し、しかしヤバイッ!!」

そういや、最近話題の「トイレの神様」って曲は「糸」みたいな感じがしたし。今まで世に出回った曲の数なんて、正月のハッテンサウナの客の数くらい多いわけだから、完璧に新しいメロディーなんてあり得ないかもね。特に演歌なんて全部同じ「メロディー」「歌詞」なくせに盗作とか言ってはお祭り騒ぎなわけだから、作る側も色々と大変そうね。

2010年10月13日水曜日

カレの希望でゲイサウナへ・・・


こんばんは! ユン・ピョウですわヨッ!!

タイ人のカレのビザが再び期限に迫っており、毎度の事ながら苦労が絶えないようです。
以前、カレの知り合いである別のタイ人(アタシが個人的にちょっかいを出してたものの、本人はいたってゲイではないので、軽くあしらわれた)とあるキュートタイボーイなんだけど。この世界的不況に喘ぐ中、日本も例外なく就職難なわけで。ましてや外国人に職は無く、大学を出ても就職は決まらず、ビザの問題で夢破れ帰国したわけで。外国人にとってビザ取得は永遠の夢のようです。

そんなもんで、カレも帰国が迫ってるのよね。
それで、カレに最後何がしたいのかを訪ねると「日本のゲイサウナに行きたい。」・・・だって。
なんていかがわしい希望なのかしら。と思ったものの、願望叶わぬまま、ムラムラして帰国されても嫌なんで、一緒に行くことに。

本人曰く、タイでもゲイサウナに行ったのは1回しかないそうで、ほとんど初心者。
そして二人、とあるゲイサウナへと・・・

そして中に入っていきなり目にしたミックスルームでのガンガンケツ堀シーン。
風呂へ行けばシャワーから聞こえる野郎の喘ぎ声や、通路での舐めるように観てくる待ち子連中に、ちょっと引き気味のカレなんだけど。
確かにタイのゴーゴーなんかは、日本と比べようにないくらいのエグさがあるんだけど、ハッテンサウナに関しては、日本の方がエグイ感じがするわね。タイの一般ゲイは日本人より、もう少し純情な感じ。まぁ人にもよるが。

そんなこんなで、泥酔だったアタシは、大部屋で寝てるから中の施設を色々見て回るように勧めたわけ。
そしてカレはどこかへと行って、アタシ一人で寝てたわけ。そうすると、だいたい分かるわよね。砂糖に群がる蟻のごとくアタシに野郎どもが!! なのよッ!!!!(泥酔だったので多分そんな状況だったのかと・・・)

はっきり覚えてないんだけど、なんかされてる気が。てっきりカレだと思って睡いことをアピールして、辛うじて拒否ってたんだけど。そのうちカレの声が・・・

「ぼくじゃないよ〜! ぼくじゃないよ〜!」

ふと見ると、見知らぬイケメンが!!

「ぎゃ〜〜〜〜す!! しかしイケル!!」

カレにはちょっとショッキングなシーンだったかと思うんだけど、いかんせん、アタクシ泥酔。その後、電車の始発が始まるまでの時間カレと一緒に寝てたんだけど、その間、カレはアタシをずっと防御してたみたい・・・純愛よね。
それにちょっと感動しつつ、すっかり目が覚めたアタシはカレと色々見て回ってたんだけど、どうもウズいてるご様子。
これに味をしめて、帰国してからもバビロンに戸籍を移すほどハマらなきゃいいんだけど・・・・・・