2010年11月10日水曜日

宝塚星組公演「花の踊り絵巻」「愛と青春の旅立ち」

こんばんは、オネーギン轟でございます。
今回観劇したのが星組公演「花の踊り絵巻」「愛と青春の旅立ち」でございます。
前半がショーです。実はアタシ、和物のショーが実は大好き。
しかし和物はなぜか客入りが悪いそうで。理由は知らないんだけど、多分、宝塚ファンはベルばらと言った、中世ヨーロッパなどの洋風ゴージャス好きが多いのかも。

その客入りの悪い和物なんだけど。それにも関わらず衣装代が高いらしい。洋物より和服の方がやっぱりコスト面が悪いみたい。そして舞台セットには必ず四季感を出す為、非常に華やかでゴージャス。金は掛かるわ、客入り悪いわで、宝塚的に良いとこなしの和物なんだけど、和物を完全になくすと、松本悠里さんの仕事が無くなるんで、定期的に和物を挟み込んでるのかも。
ちなみにアタシ、松本悠里さんが怖いです。
なんか・・・




「髪の毛の伸びる松本悠里」



って感じがするのよ(泣)
切っても切っても、なぜかどんどん生えてくる髪の毛・・・怖いわッ!!

席は、ぶっちゃけ前すぎるSS席よりセンターブロック後方か、2階席前列がお勧めだわ。全体が見えて、とてもキレイ。音もその方が良いような気が・・・

そして後半のミュージカル「愛と青春の旅立ち」なんだけど。アタシ、映画の方は見たことなくって、兵隊の訓練の話し。
感動して泣いちゃいました。てか、内容がかすかに今の自分とシンクロしちゃたとこがあって、それも相乗効果してたわ。
え?どのシーンがって?
・・・そうね。紅ゆずるが頭狂しくなって、どっか行くシーンかしら?
そういや、前回、紅ゆずるさんを見たのが、バウでの「リラ壁」
それでも頭狂しくなってはったわね。すっかりアタシの中で「ゆずるさんは、狂ってるのがデフォルト」になっちゃってるんだけど、私生活は大丈夫なのかしら?
と思うほどの名演技だったわ。
柚希礼音さんも、今時珍しく(?)実力派で。なによりも美弥るりかさんが見られて、満足だったわ。

2010年11月7日日曜日

宝塚バウ公演「オネーギン」


こんばんは、ドラクエで「つうこんのいちげき」は、臭々マイクが付いてる、2コントローラーからの攻撃だと思ってた民よ!! こんばんは。
しかし、今考えても、あの当時、コントローラーにマイクが付いてるなんて、ちょっと斬新よね。ぶっちゃけ無駄だった気もするけど。

そんなことより、今回は久々の宝塚でございます。しかも轟悠さん主演のバウミュージカル「オネーギン」です。サブタイトルは「あるダンディの肖像」・・・・ぷッw これが宝塚スタイルの感性よ!!
今じゃ、恥ずかしくて誰も考えつかないようなネーミングセンス!!
しかし、これが宝塚の良いところ。同じセンスとしては、香港映画の邦題や谷村新司さんなんかがそうかしら・・・

今回の作品にはネットでちょっとしたエピソードがあって。轟悠さん主演の作品タイトルがまだ決まってないとき。ネットでいち早く情報を入手した人が、掲示板に書き込みがあって、そのときのタイトルが

「オネーマン」

皆、そのタイトルに驚き、疑いながらも
「轟悠さんならあり得るかも・・・」
ってな感じで、全員騙されてたそうな・・・

そいでもって関心の内容なんだけど。
轟悠さん主演の作品は、アタシ、「黎明の風」以来で。バウ主演を見るのは実は初めて。今回は雪組での出演となったわけなんだけど。さすがのオーラ。
現役が長いってのもあるんだけど、組子とは格段にレベルが違う、といった感じでした。
あの輝かしい一路真輝さんの時代を共に歩んだ轟さんは、ぶっちゃけ今のぬるい宝塚とは違って、プロの仕事と言った感じ。
と言うと、今のジェンヌさんには気の毒だけど。今は昔と違って、ナチュラル芝居って感じなのよね。轟悠さんは昔ながらの演技で歌にも小節がある。それがアタシには、ちょっと心地よかったわ。

そして見終わって・・・

ごめんなさい。なんでか知らないんだけど、ぶっちゃけ内容が分からなかったわ。同伴したツレが、そんなに難しい内容では無い、と言ってたんだけど、なんでか理解不能だったわね。まぁ寝不足だったってのもあるんだけど、ロシア文学って、ちょっと微妙な心理なとこがあるような、無いような・・・

それより、悲劇ではなかったんだけど、最後は感動の涙が。別に誰が死ぬとかじゃないのに、轟悠さんの説得力に涙しました。そこんとこもさすがよね。