2011年4月9日土曜日

カレのノートPCが壊れまくり。


こんばんは、肉便器だよぉ〜〜〜♪

前回、タイ人のカレが購入した、某メーカーのノートPCが、ドット欠けの液晶に運悪く当たり、メーカーに問い合わせると、たった1粒のドット欠けにも関わらず液晶を交換してもらった・・・って日記を書きました。そのときの日記こちら

その後なんだけど・・・ちょっとこちらとしても何ンとも言い難い状況に・・・・・・

まず、新しくなった液晶に上機嫌なカレなんだけど、そのうちキーボードの「@」がどうしても打てないことに気付く。


マカーであるアタシも慣れないウインドウズに四苦八苦しながら色々と試したり、インターネットで調べたりしたんだけど、手に負えず、再びメーカーサポートに電話。
しかし、サポートスタッフも原因不明でお手上げ
そしてスタッフの打ち出した回答が

「本体を再び修理工場に送って下さい。」

絶対すぐ解決すると思ってたアタシは、まさかのリアクションに、ちょっとビックリ。っていうか、この短期間に別件で2回も不具合報告してるアタシが、なんだかクレーマーみたいで、ちょっと嫌だったわよ。

なんだか、これでブラックリストに載りそうだわ・・・

しかし、そのまま再び修理依頼することに。
相変わらず対応が早くて驚いたんだけど。
それより、もともと5〜6万の安いPCだし。2回の修理や運送費を考えると、既に赤字になってるんじゃないかと逆に心配になるわ。

まぁ、アタシの心配もお構いなしに、再び送り返されてきたPCに、また上機嫌のカレ・・・
それからしばらくして・・・・
またもや、カレが不満を・・・
今度は液晶モニター不具合。
画面がちらついたり色がおかしくなったりノイズが走ったりと・・・もう、堪忍して!!
グラフィックカードのファームウェアや色々考えたんだけど、原因分からず。てか普通素人は分からない。

そして結局、再びサポートに電話。
ここまで来ると、そのモデル固有の根本的な設計不良か、もっと考えられるのが、カレ個人の扱い方の問題だと思うんだけど。それよりなにより、これでアタシがクレーマーを超えて完全に「ヤカラ」確定!!

ほんでもって、サポートの今回の答えが

「システム的な問題では無く、ちょうつがいの部分の物理的な配線の問題のようです。すぐに修理センターへ送って下さい。」

だって。
アタシ思ったんだけど「安物買いの銭失い」とはこのことなんだわ・・・ま、お金は掛かってないから別に良いんだけど、労力は掛かったわ。

そして、またまた、素早い対応に新品同様に返ってきたPCに、またまた上機嫌なカレ。

でも今回

「液晶ドット欠け」「キーボード不良」「モニターちらつき」

と3回の修理工場送りに、なんの疑りも無く対応して頂いた汚物処理班のスタッフには申し訳無い思いもあったんだけど。多分、この現象はアタシらだけでは無いような気がします。
価格競争に勝つため、やむをえず粗悪品を使ったり、ギリギリのスペックで糞重いシステムを動かしたりした結果なのかもしれません。
実際、このメーカーのPCは、過去にアタシ個人で2台購入したことがあるんだけど、恐ろしいくらい使い込んだけど、不良箇所はまったく無かったわ。(一度、エロエロサイトの見過ぎで原因不明のウイルスに犯されて、ハードディスクとアタシのアナルと両方破壊したことはあったが)
ま、今回のことでちょっと懲りたカレも、もう少しハイスペックの物にするか、日本産、もしくはマカーに転向するかを考えたみたい。

が、しかし・・・・

しばらくして再びモニター不良!!
今度は、ちょうつがいは関係無いっぽく、色が反転したり真っ白になったりと・・・まぁフリーズすることなく、しばらくすると元に戻ってるみたいなので、悪いけどそのまま我慢してもらうことにしました。
カレの手から電磁波でも出てるのかしら??

2011年4月6日水曜日

宝塚月組公演「バラの国の王子」「ONE」


こんばんは、戸川純です。
本日は宝塚雪組公演「バラの国の王子」「ONE」を観劇してまいりました。
「バラの国の王子」の原作は「美女と野獣」です。アタシ、美女と野獣は四季もディズニーも見たことがなくって、内容はぜんぜん知りません。見た感想は、単純なおとぎ話しって感じ。
しかしその単純さが良かったわ。最近の宝塚は小難しいストーリーのが多かったような気がしたんで、逆に単純さが心地よかったし、それに泣いたわよ。


野獣を愛してしまう商人の娘・・・
野獣を愛するってことは、きっと彼女はビー専で熊専。最後、魔法が解けて人間に戻ったときはさぞかしガックリしたことでしょう。

霧矢大夢さんの暖かい演技と歌声にしっとりお湿りしておりますと、そこにピリリとスパイス的キャラで現れるのが星条海斗さん。今回は女装で登場。イケズで調子が良い娘の役です。マダムヴォルフのコレクション的な迫力で、なかなかすごかったわ。

それはそうと、帰り宝塚駅に向かう途中、ソリオの入り口にある花屋さんのとこにOSKのポスターが張ってあったんだけど。よく見るとそこにも星条海斗さんがいるのよね。
どういうことかしら? 掛け持ち?

右が星条海斗さん。

しかし宝塚とOSKの掛け持ちってすごいわよね。死ぬほどヘビーローテーションだと思うんだけど。

2011年4月4日月曜日

ミシンを使いこなす

私はトッポジージョが嫌いだ。あの睡そうな目、突き出た2本の前歯、煮え切らない性格・・・
実際、存在したとしたら、有無を言わさず前歯をへし折ってくれるわッ!!

前置きはこのくらいにしといて・・・
昔・・・「布と肉体の織りなすハーモニーこと、流行の溢れ出す源泉こと、服飾界の最終兵器こと、北欧館の妖精。」との異名を持っていたアタシは、何ンでか電気店で、変な衝動に駆られ、思わずミシンを購入しちゃいました。

ニットの貴公子「広瀬光治」さんの影響でも何ンでもないんだけど。ぶっちゃけ、ミシンを触るのは中学の家庭科の時以来かしら・・・
そのアタシが購入したミシンが、初心者用の(下写真)


アタシの頼れるブラザーを紹介するわ。「A37」よ!!!!


このアニキは初心者用で安いです(2万くらい)。アタシ最近のミシンって知らなかったんだけど、使い方が無茶苦茶簡単になってるのよね。まず糸通しが死ぬほど楽。最後の針の穴に通すのもワンタッチ。
余分な機能は一切省かれてるものの、ぶっちゃけ花柄や動物柄の刺繍縫いなんて糞の役にも立たないので、アタシには不要だわ。必要最低限の機能を備えた非常にシンプルなアニキです。

購入したその日。とりあえず何か縫ってみようと、タンスにしまい込んでた、いらないエルメスのスカーフがあったので、それでぞうきんを作ってみることにしました。






ぞうきん完成!! うん、イケテルッ!!!!
ミシンは足でギッコンバッタン踏んで動かすイメージがあったんだけど、これはスイッチを手で押すタイプ(今のはほとんどこれなのね)なので、ちょっと、「腸内洗浄が不十分な状態で犯された。」みたいな、妙な違和感を感じたんだけど、そこは服飾界のプリンス、すぐなれたわ。

気を良くしたアタシは、後日、「主婦の店ユザワヤ」で布やのチャックやの購入。そして作ったのが小さなポーチ。
作り方の説明も型紙も無く、目分量で量り適当に作ったわりにはかなりイケテルと思うんだけど(下写真)



見て見て〜、ちゃんと裏地もあるのよ〜〜♪
アラブをしまうのに丁度よかったので、アラブ入れになっちゃったんだけど。初めてにしてはなかなかの出来合いだわ。
小さな小物をミシンで豪快に縫うのが意外と辛くて、アタシなりに苦労したわ。作り方の説明書でもあったら、もっとスムーズに出来てたんだろうけど。

小物類は苦労するわりに「こんなモン、100均でもっと良いの売ってね?」って感じがうっすらしたので、多分2度と作らないと思うわ。
やっぱりミシンを買った以上は服に取りかからなくてはならないわよね。
次は簡単な、ちょっとその辺のコンビニとかに着ていくような、部屋着でも挑戦してみます。

部屋着の完成予想図
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...