2011年12月30日金曜日

映画『エスター』 ※ネタバレあり


注意:恐怖映画『エスター』ネタバレあり。

こんばんは!!セカンドライフでしか生きる意味を見いだせない民たちよ!!!
お久しぶりです。ヒッキー・コモリです。
なぜ日記を更新してなかったのかと言いますと、実は最近プレステ3を買っちゃいました。
今更!!
って感じよね。しかもプレステ4が来年出るとか噂もあるし。買った後聞いて、軽く泣けたわ。
と言うのも、セインツロウ・ザ・サードというゲームが、どうしてもやりたくて死にそうだったからよ。それを日記にすれば良かったんだけど、めちゃくちゃハマってて、ブッチャケ、それどころじゃなかったのよね。でも安心して。もうクリアーしたから。

それで、ゲームも落ちついたことだし、最近観た映画のお話。
ネタバレありなのでご注意を・・・



それはそうと、最近、アタシ、スーパー銭湯やサウナ施設にハマってまして、近所のサウナも改装してからというもの、施設内に死角を作ってしまっちゃったが故に、すっかりゲイのホットスポット化してるみたい。
先日も、そこへ行ってきたんだけど。
ぼちぼち風呂から出ようとしたときに、目の前の兄ちゃんがアタシにアピってきたもんだから、アタシも負けじと、右脳使いまくりでがんばってようやく半勃起。
お互いにそのくり返しで、全然進展しないまま、ほんとのぼせたわよ。のぼせ上がったわよ!!
もともと、のぼせ上がった性格なのに、熱い風呂場で半勃起なもんだから、すぐさま露天で火照った身体を冷やしてたわ。
しかし、あの状況下でも、ギンギンにおっ勃ててるオヤジなんかも、たま〜に見かけるんだけど、ほんと尊敬しちゃうわ。

あ、それで映画なんだけど。エスターという少女が養子として、とある家庭に住むことになるんだけど。映画の前半で「こいつ、子供じゃないわね。」と思ったわ。まぁ結局は正解だったんだけど。要はホラーではなくサスペンス映画だったわ。
真実を暴くにつれ恐怖する母親を、全く信用してくれない周りの人間たち。旦那が気付いた頃には、時、既に遅し過ぎ。周りの人間で一番マトモだったのが、オシの末娘だけ!!
どことなくアナル『ローズマリーの赤ちゃん』と『エクソシスト』に『白木みのる』のエッセンスを加えて割ったような作品に仕上がってました。
ズルズル後を引く、イヤ〜な気分になるキュートな作品だったわ。

それで思ったのが。近所のサウナは既に固定メンバーで収まってる感があるわ。
地方サウナなんで、アタシを除いて4人程度。そのうち1人は煮ても焼いても食えないオヤジなんで、その人がいるときは、その日は終了。何ンにもデキナイ。

「ハッテントイレに妖精が住みつくと閑古鳥が鳴く。」

の状態になるわ。
アタシもぼちぼち、ここを卒業かしら。





2011年12月2日金曜日

宝塚星組公演「オーシャンズ11」


こんばんは、兵藤ゆきでございます。
本日は宝塚星組公演「オーシャンズ11」を観劇して参りました。

アタクシ、ぶっちゃけて言いますと、昔は星組が一番縁遠い組だったのよ。なぜかと言うと、そりゃ色々と理由はあるんだけど。今、その星組が、アタシの中で一番トレンディーな存在になりつつあります。と言うのもトップを含めて上位のジェンヌさんの個性が見事なこと。


トップの柚希礼音さんは歌が抜群。ボーイッシュ過ぎる気がするんだけど、嫌みがなくとにかく安定感があるわ。
そして、そのお相手約の娘トップが夢咲ねねさんは、宝塚には珍しく萌え系。しかし、ちゃんと約柄に徹して品もある。アタシの嫌いなアヒル口も全然OKだわ。
そして涼紫央さんは、とにかく個性の塊。スーパーモデル的な異質を放ってるわ。先日は涼さんのご実家で自転車を購入しました。
そして、その個性の中に埋もれるようなベーシックタイプの夢乃聖夏さんは、それがまた個性。

ほんでもって、アタシが好きなジェンヌさんで、今後良きライバルになるであろう、紅ゆずるさん。彼女の演技は凶器です。テポドンです。
なんだか演出家の方々も紅さんの扱いが分かってらっしゃるようで、相変わらず今回も狂犬病まがいな半狂乱となってたわ。
紅ゆずるさんを見る度に、戦争で足が不自由な障害者となり、最後、ファビョリーズで自滅する役や、騙されたことで、海へ口から泡を吹いて飛び降りる役。
そんで、甘太郎に入ったわ良いけど閉店間際だったため渋々諦めて帰って行く役(偶然鉢合わせたのよ)
今回のポスターの紅さんも、既に何ンか狂しくないかしら?(中央上)

そして最近、グイグイ押されまくってる真風涼帆さん。噂では水夏希さんのファンの方が全員、真風さんを応援してるとか!?プラスアルファー。
相変わらず立ち姿、演技、全てカッコイイてか、男を感じるわ。今回はコメディータッチな演技もされていて、更に魅力を感じました。

そして、またまたアタシの好きな美弥るりかさん。相変わらず大きな目でなんといっても踊ってるときのヌメっと感がたまらないわ。今回はハチャケタ役柄だったんだけど、やっぱりシリアスな制服姿とかが好きだわ。

とにかく、今の星組は好きな人が多いのよ。後の組子たちもそれぞれ良い味が出てて、皆、印象に残ってます。後で「おとめ」で確認したくなるような方が多いわね。
メンバーが濃すぎて、作品によっては逆に使いづらそうなんだけど、見所満載な組だわ。

「オーシャンズ11」の方なんだけど。アタシ映画は例のごとく見たことないんだけど。凄く良かったわ。宝塚を知らない人に見てもらうと、容易くハメやすそうな、分かりやすくて楽しい作品でした。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...