2015年4月24日金曜日

【ドラム式洗濯機】日立ビッグドラム槽洗浄11時間モードが正常に動作しない


こんばんは。マカのせいで1日3回が日課になっているゆめみしです。
本日は、多分、ほとんどの人がどうでもいい話題よ♪

アタシが6年ほど前に購入した洗濯機、日立の『BD-V2100』という機種なんだけど。
それについている洗濯槽クリーニングモードが正常に運転しなかったことが解決したんだけど。それが結構目から鱗だったんで、それのご報告なのよ。
ね♪ 死ぬほどどうでもいいでしょ☆




一槽式の洗濯機は使い続けると見えないところでカビが生えるのはみんな知ってるわよね。それを洗うためのモードが大概の機種には付いていて。市販の洗濯槽クリーナーを入れて、そのモードでカビを根こそぎ落とすわけなんだけど。
アタシが持っている日立の『BD-V2100』という機種にも、そのモードが付いてたんだけど。それがまともに動かないのよ。

槽洗浄モードには3時間モードと11時間モードの2種類があって。3時間モードは2ヶ月に1度程度。むちゃくちゃのグロ洗濯槽になった時は11時間モードで洗浄するんだけど。その11時間モードがなぜかいつも2時間程度で終了してしまうのよね。
それも常に洗濯槽クリーナーを入れた時だけ。

2時間ほどして停止。「あら?」と思い。次はクリーナー無しで動作するとしっかり11時間のプログラムが作動。翌日クリーナーを入れて動かすと、また2時間で終了・・・

それの繰り返し。
正直、クリーナーは15分程度で排水されるわけで「ただ単にクリーナーを捨てたいんか!!」って思っちゃうわ。

クリーナーを入れるとすぐ終了。何も入れずに動かすと正常運転。ってことで、これはたまたまでプログラム的な基盤的な何かが壊れたのかしら?と思い、お客様センターへ電話しました。

それで汚物処理班のお姉さんが言った言葉が、アタシ的には目から鱗で。今まで故障だと思って諦めてたことのすべてが解決したのよ。

まずアタシが使ってた洗濯槽クリーナーの商品名を訊かれ。それが酸素系クリーナーだと確認。ちなみにアリエールの洗濯槽クリーナーよ。
酸素系は泡が立つのが特徴のようで。その泡はドラム式には悪影響だそうよ。そして、その泡をセンサーが感知して直ぐさま排水作業にマイコンが入ったらしいわ。
つまり、アタシの日立ちゃんは故障なんてしてなくって、正常に、そして忠実に動いてたってわけ。
最後に親切な汚物処理班のお姉さんは「今後は酸素系ではなく塩素系のクリーナーをご使用ください。」と、アドバイスを頂いたわ。

ちなみに、縦型には酸素系でも問題ないと思うわ。すべてのドラム式に泡がダメなのかは知らないけど。基本、塩素系より酸素系の方が洗浄力に定評があるんで、できれば酸素系を使いたいとこなんだけど、そういう仕様ならしょうがないわね。

これで長年のアタシの悩みはすべて解消よ。
ドラム式の洗濯機になぜ泡が悪影響なのか、理由は知らないけど、ちゃんとサポートに電話して良かったわ。てかそんな内容が説明書には全然書いてないと思うんだけど。これは書くべきよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...